Sample Image

赤ちゃんのもちもちほっぺに!

「赤ちゃんのもちもちほっぺに!」
赤ちゃんの肌はもちもちとしていて、いつまででも触っていたくなります。
こんな赤ちゃん肌に戻れる方法、それがローヤルゼリーを摂取することです。
ローヤルゼリーと肌の衰えについてご説明します。

生まれたての赤ちゃんのお肌は、とてもやわらかいものです。
よくついたばかりのお餅にたとえられ、ハリと弾力を持っています。
そのような肌と比較すると、年齢を重ねた私たちの肌は硬くなってしまっています。
カサカサと乾燥していたり、ゴワゴワと硬くなっていたりして、まるで作られてからだいぶ日にちが経ってしまった鏡餅のようです。

年齢を重ねると私たち人間は老化が始まります。
そんな老化防止にコエンザイムQ10が良いでしょう。
コエンザイムQ10は高い抗酸化作用がありますのでいつまでも若々しさを保つのに良い成分といえます。
老化は加齢によりさまざまな悪影響が私たち人間の身体に引き起こされるもので、40代頃から始まるといわれます。
皮膚は常に新しいものが生み出され、古くなった皮膚は不要なものとして剥がれ落ちていきます。
このサイクルはターンオーバーと呼ばれますが、年齢を重ねると新しい皮膚を生み出す力が弱くなります。
そのため本来起きるはずのターンオーバーという名の代謝が正常に行われずに、古い角質がそのまま残ってしまうようになります。

年齢を重ねることは水分量やコラーゲン量の減少も引き起こします。
コラーゲンは高い弾力性を持っており、肌の一番下の層である真皮の70%を占めています。
また真皮だけでなく関節や血管などにも存在していて、その弾力を生かした役割を負っています。
しかしコラーゲンが一番多く体内に存在しているのは10代後半から20代前半で、その後はどんどん減少していってしまいます。
そのため肌や関節、血管などに弾力性がなくなり、さまざまな病気を引き起こす原因にもなっています。

ローヤルゼリーにはアミノ酸やビタミン、ミネラルなど、多くの栄養を含んでいます。
これらの栄養はさまざまな細胞を作り出すために使われます。
ローヤルゼリーを摂ることによって十分な栄養が身体中に行き渡るようになれば、肌の細胞も生み出され、ターンオーバーが正常に行えるようになります。

またローヤルゼリーのデセン酸は、女性ホルモンに似た働きをします。
女性ホルモンによってコラーゲンの生成がスムーズに進み、肌にハリと弾力を与えます。
ローヤルゼリーは年齢を重ねることで硬くなってしまった肌を、やわらかくする効果をもっているのです。

こちらのサイトにデセン酸の 含有率とローヤルゼリーの品質について詳しく解説をしていました。わかりやすいので、是非ご覧になってみてください。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 ローヤルゼリーの正体 All Rights Reserved.